The Japanese writing form, hiragana, was created roughly 1000 years ago based on the kanji imported from China. They are not only visual simplifications on kanji by stroke of the various stems and parts, but have no meaning on their own, mostly only have one pronunciation, and thus are simplified in many dimensions. Simplification, in terms of removing, can also be seen in the Japanese ideology of wabi-sabi, the subtleties, that come from Zen where Dharma stands as the founder. This is a method of altering things into a Japanese form. This form was highly appraised by Bruno Taut, and has inspired modern architectural movements such as the Bauhaus.

 日本特有の文字であるひらがなは、中国から伝わった漢字をもとに、今から約1千年以上前に生み出されました。部首や作りから複雑な意味や読みを持つ漢字を筆による見た目の単純化だけでなく、それ自体に意味はなく、またほとんどの文字は1つの音でしかないという、様々な意味で単純化という作業が行われています。また、そぎ落とす、という意味での単純化は達磨を祖とする禅宗からわひさびという日本独自の思想にも言えます。これは日本独特の「型」に置き換える行為でもあります。そしてその「型」はブルーノタウトによって賞賛され、バウハウスなどのモダン建築にも影響を与えました。

夏秋草図屏風
松に滝図
秋草図
貴匠桜
191205_雪椿_250*375
191205_朝顔図_250*250
190628_夏椿_500*1000
191226_松に椿_500*625
191226_桜に牡丹_500*625
白椿
桜雲
山茶花図
花卉に流水図
赤椿
桃に滝図
白椿
朴の花
白椿
かきつばた
朝顔図
菊花流水図
燕子花図
墨牡丹
朝顔図
墨牡丹
立葵
1/2